1/29 香川県サイクリングツアーに行ってきました


昨日は、お休みをいただき、この時季恒例の香川県へサイクリングに行ってきました!
昨年大好評でしたので今年も開催の運びとなりました。
最大の目的は、さぬき市志度で新鮮な焼き牡蠣をたらふく食べることです。

まだ夜が明けぬ朝5時にLOKOを出発して、8時に東かがわ市に到着。
出走準備してサポートカーと共に8時30分にスタート。

雨こそ降っていないものの暖かいはずの瀬戸内がきりっと冷え込んでかなり寒い中、頑張って自転車に乗っている15名を見て改めてすごい人たちだなぁと感嘆してしまいました。このモチベーションは、行きつく先にご褒美が待っているからでしょうか。

最初のビューポイントは、瀬戸内海国立公園に指定されている津田の松原・琴林公園です。
白砂青松・碧海を眺めることのできる景勝地。
時間が合えば、隣接する道の駅で美味しい讃岐うどんも食べることができます。

記念撮影もほどほどに、いよいよ牡蠣料理屋さんへ向かうのですが、まっすぐ行けば平坦15kmの道のりですむものを、瀬戸内海に大きく突き出した大串半島を海岸線沿いにぐるっとまわることで、アップダウンありの35kmに延ばすことができるのです。(笑)

半島の先にある大串自然公園芝生広場からは、小豆島が間近に見えます。絶景のビュースポットです。
一昨年の10月には、あの先の寒霞渓山頂にみんなで上ったんだなぁと思い返したりして。

そして11時30分になりお待ちかねの牡蠣料理屋さんへ。
焼き牡蠣食べ放題となると、焼き牡蠣だけを提供する牡蠣小屋をイメージするのですが、このお店は焼き牡蠣だけでなく、牡蠣メシ・牡蠣フライ・酢牡蠣・牡蠣のみぞれ煮・お造り・デザートなどコース料理になっていて、どれをとっても粒が大きく新鮮でとても美味しいものばかりです。

2時間の制限時間をめいいっぱい堪能し、重い身体にムチ打って帰るのが昨年でしたが、今年はさらに四国最北端の庵治半島まで足を延ばし、右手に瀬戸内海を観ながら庵治半島もぐるっとして、高松市屋島にある骨付き鳥で有名な一鶴屋島店に着くころには、サイクルメーターは70kmに達し、すでに15時30分になっていました。さすがに牡蠣をたらふく食べたあと途中和菓子屋さんで寄り道したこともあり、骨付き鳥を食べる気になれず、お店の前で到着の記念写真だけを撮って帰ってきました。(笑)
帰りは、国道11号線をひたすら東へ25kmほど戻り、スタート地点帰着が17時30分といった感じです。

雨やパンクなどのイレギュラーが少ないLOKOのイベントですが、今回は特別でした。
朝イチの寝坊騒動から始まり、降雪、迷子、パンク4件、空気入れ置き忘れ事件など、イレギュラーもびっしり詰まったイベントでした。(笑)
それでも皆さんとても楽しんで・喜んでいただき、これぞ参加者のチームワークと協調性のたまものだぁと感心しました。

サイクリング終了後は、車で移動し、和三盆糖で有名な引田の「ばいこう堂」さんへ行き各々家族へのお土産を買い、翼山温泉につかり食事をし、メンバーのお誕生日を祝福し、LOKOへの帰路につきました。

今回の走行距離は、アップダウンありの95km。
昨年の60kmと比べると少しハードだったかもしれません。

今年もグルメ・景色・コースなど全てにおいてご満足いただけたのではないでしょうか。
すでに来年も行きたいとのお声がありますので、来年も必ず企画したいと思います!!

☆写真は、FBに掲載いたします。☆