4/2 春の思い出のその後


先月16日昼過ぎにお尻が痛くならないサドルを求めてご来店いただいた学生さん。
その時は、テスト用のサドルを貸し出し、LOKOを出発。
閉店後気になり電話で状況を確認するとお尻の状況は改善されず、その日は米原でSTOPされることに。
何とかしたいという想いと違うサドルを持って米原に向かい、違うサドルに交換。
したところまでは16日のBLOGにてご報告させていただきました。

その後、翌朝早朝より走り出した学生さんは、痛みが改善され215km先の浜松までたどり着き、その翌日は、それまでの疲労と静岡県内のアップダウンに悩まされながらも140km先の富士市まで頑張ったそうです。
学生の思い出にチャレンジされた兵庫県赤穂市から東京都までの冒険の旅は、時間の関係で富士市止まりとなりました。
あと少しあれば目標の東京都にたどり着いたかもしれませんね。。。

冒険中、その日の夜になると必ず送られてきた報告メールとサドル返却時に添えられた丁寧な手紙を改めて見返すと、礼節を持ちあわせた素晴らしい学生さんだったなぁと感心しています。
この冒険の旅で得られた縁と経験と友情を大切にして、春からの次のステップでも活躍されることを切に願っております。