7/10 Mag-on


梅雨明け間近になり、日中はたいへん暑くなってきてきました。
自転車に乗っている時は涼しく感じても信号などで一旦止まると額から大量の汗が流れ落ちてきます。
そんな時のサイクリングに気をつけたいのが、マグネシウムの欠乏です。
一般的にナトリウムやカルシウムの摂取には気をつけますが、意外と盲点なのがマグネシウム。
マグネシウムには、エネルギー代謝を促進して疲労回復を手助けたり、筋肉の働きを調整する、筋肉痛を緩和する、イライラを解消する、体温や血圧を正常に保つなどの働きがあると言われています。
特にスポーツのあと大量にアルコールを摂取する機会の多い人は、要注意です。
大量にアルコールを摂取するとマグネシウムの排出量がさらに増えるのです。

何れにしてもマグネシウムが欠乏するとエネルギーがきちんと生産できなくなるため、疲れやすくなったり,集中力不足,慢性疲労,食欲不振,循環器系の疾患などになりやすくなります。
欠乏によって、その時のパフォーマンスだけならまだしも、本人の体調も崩しかねませんので、適宜マグネシウムを上手に補給してください。
ということで、そんな時におススメなのが、水溶性マグネシウム「Mag-on」。
シーンに合った商品がありますので、シーン別でお選びください。