9/29 QBICLE BIKE PORTER PRO


大切なロードバイクを飛行機にて海外輸送する際、気になるのがその重量と大きさです。
ひとつしくじれば、多額の超過料金を支払うことになります。
各航空会社によって超過手荷物料金のルールは異なりますが、コンパクトにまとめることに越したことはありません。
段ボールを上手に活用するのもひとつですが、軽量かつスタイリッシュな「QBICLE BIKE PORTER 」がおススメです。
初心者向けのスタンダードな大きさと、多少の分解・組み立て知識のいるさらにコンパクトなサイズ「PRO」が存在します。
PROの大きさなら、今回超過料金はいくらかかるのだろうと不安になることも無く、大抵預けることができます。
僕が海外遠征をしていた時は、ハードケースが主流でしたが、現代程規制が厳しく無かったものの重量が重く、超過料金が発生しないか毎回ビクビクしておりました。
段ボールもいいですが、大きさや水気で破損した時に困ります。
収納時にはコンパクトに畳むことのできるQBICLE BIKE PORTER 、自転車を持って飛行機移動される方におススメの輪行箱です。